ヘアサイクルを知ろう | 薬の力を使ってしっかりとAGAを治療しませんか?
menu

ヘアサイクルを知ろう

黄色いカプセルが入っているパッケージ

ヘアサイクルは日本語でそのまま毛周期といいます。
要するに髪の毛の一生を表したものです。

遺伝子学的に髪の毛というのは本来であれば人の寿命程度は問題なく継続して生えるものとされています。
しかし、実際のところはどうでしょう。
そこにヘアサイクルとAGAという二つの要素が絡んでくるのです。

ヘアサイクルは大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」と呼ばれるもので、
約六年の髪の毛の寿命の中でこの三つの時期を経て髪の毛は一生を終えます。
成長期が約6年、退行期と休止期が約3~5ヶ月と言われています。

髪の毛が生まれ、成長し、そして抜け落ちる。
そんな一生が頭皮では一生に数えることができないほど行われています。
しかし、AGAはそんなヘアサイクルをかき乱すのです。

人間が栄養失調の状態で育った場合にはその身体の発達に様々な悪影響を受けるように、
髪の毛も成長する時期が短かったり、栄養が充分ではない場合には産毛のように細い髪の毛になってしまいます。
AGAによってそれは起きてしまうのです。
ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すことにより弱々しい髪の毛しか育たないようにするのです。
そんな乱れたヘアサイクルを元の状態に戻すために、フィナステリドとミノキシジルが必要になってくるのです。