薬の副作用とは? | 薬の力を使ってしっかりとAGAを治療しませんか?
menu

薬の副作用とは?

領収書の上に置かれている薬

AGAの救世主的治療薬であるフィナステリドですが、医薬品である以上はその副作用から逃れることはできません。
フィナステリドの主な副作用として挙げられるのが、性欲の減退、勃起障害、肝機能障害、精子減少です。

それらが起きる理由はとても簡単です。
フィナステリドは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンとテストステロンに関わる作用をもつために、男性機能が落ちてしまうのはある種必然的なものなのです。
ここまでくると鶏か卵かの話になってきますのでどうしようもありません。
髪の毛を取り戻すか、性欲をとるか、長い目で見た時にどっちが正しいのでしょうか?

ミノキシジルは血管拡張作用を持つ医療薬成分です。
ミノキシジルは経皮吸収(皮膚から直接吸収すること)もできるために、シャンプーなどに配合するといった工夫もされています。

そういった経皮タイプの副作用としては頭皮に発疹が出る、かゆみやかぶれ、頭痛など直接的なものとなります。
とはいえこちらも同じようなことです。
起きるかわからない副作用のためにAGA治療を諦めてしまうのか?ということです。
流石に副作用が怖いから治療をやめるというのはいささかもったいない気がします。
AGAであれなんであれ薬というのは副作用があって当たり前のものということさえ把握しておけば特に動じること無く治療を続けることが出来るでしょう。