組み合わせが役に立つ | 薬の力を使ってしっかりとAGAを治療しませんか?
menu

組み合わせが役に立つ

薬を飲もうとしている人の手

フィナステリドとミノキシジルはそれぞれAGA治療に際して強力な作用を持っています。
しかしそれぞれが持っている力というのは足りないものもあります。

AGAの薬として本来的に有効なのはフィナステリドです。
AGAの原因物質を生成させない作用を持っているのですから。
ジヒドロテストステロンを抑えることでAGAの進行を止める効果を持っていますが、それだけでは髪の毛を再び生やすことは難しいかも知れません。

ではどういったことが必要なのでしょうか?
フィナステリドでAGAを治療することができてもAGAによって齎された薄毛を治すためには、
ミノキシジルが必要となります。
ミノキシジルが持つ強力な血管拡張作用を持ってして初めて薄毛を治す環境が整ったと言えるでしょう。

必要なのは組み合わせることなのです。
フィナステリドとミノキシジルがそれぞれできることが違い、補い合っている薬なのですから。
そうしてお互いがお互いを補い合ってようやくAGAというのは治療することができます。
そのために二つの薬を効果的に摂取することがAGAを治療する上では非常に重要になってきます。

要するに適材適所なのです。
フィナステリドがAGAを止め、ミノキシジルが髪の毛を育てる。という風にそれぞれの効果の違いを認識していないとどうしても薬を継続するモチベーションに繋がりません。