menu

AGAは終わりではない

パッケージに入っている白い錠剤

髪の毛は戻ってきます

AGAというのはある種不治の病のような響きを感じる病気です。
しかしAGAというのは薬でしっかりと治療することができます。
そうやってAGAを治療すれば、髪の毛が元通りに戻るのも夢ではありません
髪の毛が少ないということはある種この世の終わりを迎えるような気持ちになります。

回避することができない世界の終わりをただただ待っている。その先に待つものは無だけだ。という風に。
AGAも同じでしょう?
髪が無くなっていくことに対して何か対策を講じても多少のものは効果を生むことなく最終的に髪の毛が無くなってしまいます。
AGAが最終地点に到達するまでに治療を始めなければ行けないのです。
髪の毛が無くなることに対する恐怖感を持っているのであればAGAを治療しないと手遅れになります。
自分の髪の毛を守りたくはありませんか?
あの頃の自信を取り戻したくはありませんか?
そうした意思を持っているのであればAGAを治す意思はあるはずです。
継続する意思さえ失わなければ、AGAを治療することは難しくありません。

薬を服用することでAGAの進行を食い止め、AGAに荒らされた頭皮環境を髪の毛の生えやすいものに変えることができます。
健やかな髪の毛を取り戻したいのであればそのような薬を飲むことをオススメします。
手遅れになる前に薬を飲みましょう。AGAが進みすぎればもう取り戻すことはできなくなります。

薬を手に入れるために

AGAの治療薬を手に入れることはそこまで困難なことではありません。
一番簡単なのは、近くの病院やクリニックに向かうことです。

評価の高い病院やクリニックであればあなたのAGAに非常に真摯に向き合ってくれます。
今必要なことは、かつらを購入するために貯金をするわけでもなく、どうすれば薄毛が気にならないかとヘアスタイルを模索することでも、自毛植毛について調べることでもありません。
AGAの治療薬を手に入れるためお金を使うことなのです。

結局それらは対症療法的なことでしかありません。
確かに、かつらや髪型、自毛植毛でAGAに対抗することは間違ってはいません。
しかしかつらは頭皮の蒸れを招くためにまだ生き残っている髪の毛も育ちづらい環境を作ります。
髪型では結局根本的な解決にはなっていませんし、自毛植毛は治療とはまた違うジャンルのものです。

必要なことは治療であって「誤魔化し」ではありません。
正しく治療したいのであれば治療薬を服用するしかないのです。
治療のために奔走すればいいのです。
そうすればいずれAGAを治すことが可能となります。

AGAの薬の中身は

AGAの治療薬には大まかに分けて二種類のものがあります。
ひとつがAGAの原因物質の発生を防ぐ「フィナステリド」と呼ばれるもので、
もうひとつが血管拡張作用により頭皮環境を健康なものにする「ミノキシジル」と呼ばれるものです。
どちらも違った面からAGAに作用するためにそのふたつを併用することでAGAを効果的に治療することができます。

フィナステリドはAGA治療の第一人者的な薬として利用されています。
しかしフィナステリドは元来AGA治療のために開発された薬ではなかったのです。

元々アメリカで開発されたフィナステリドは前立腺に関する病気のための薬でした。
しかし臨床試験中にたまたま患者に異常発毛が起きたために、AGAの治療薬として世に出されたのです。

もうひとつのミノキシジルはフィナステリドと同じくAGAのために開発されたものではありません。
もともとは血圧を下げるための血管拡張作用だったのですが、フィナステリドと同じく異常発毛が発見されたために、AGAだけでなくその他の薄毛治療にも活用されています。
ミノキシジルが持つ強い血管拡張作用が、頭皮を髪の毛の生えやすい栄養満点なものに変えるのです。

人気コンテンツ

青い錠剤と白い錠剤が入っている茶色い瓶 「薬の力を使ってしっかりとAGAを治療しませんか?」の人気コンテンツです。 read more »

AGAを直接治療する

フィナステリドはAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を止めることでAGAの進行を防ぎます。ジヒドロテストステロンはどのようにして生まれるのでしょうか?AGA治療にフィナステリドは役に立つのでしょうか?

read more »

もう一つのAGA治療薬

確かにフィナステリドはAGA治療を行う上で無くてはならない薬です。しかしフィナステリドはAGAの進行を止めるものであり、髪の毛を生やすにはもうひとつの薬が必要となるのです。そう!それこそがミノキシジルなのです。

read more »